読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KogoLab Research & Review

遊ぶように生きる。Vivi kiel Ludi.

日本発達心理学会第27回大会(北海道大学, 4/29-5/1)で自主シンポジウム「日本におけるペアレント・トレーニングの実践プログラムとその背景理論」を開きます。

日本発達心理学会の第27回大会は、北海道大学にて、2016年4月29日(金)〜5月1日(日)の3日間開催されます。そのプログラムが発表されました。
プログラム - 日本発達心理学会

 自主シンポとして「日本におけるペアレント・トレーニングの実践プログラムとその背景理論」を企画しました。4月29日(金・祝)の13:30〜15:30に開かれます。

話題提供は下記の通りです。たくさんのご参加をお待ちしております。

  1. ペアレント・トレーニングの理論と実践の流れ(堂坂更夜香)
  2.  Nobody's Perfectプログラムの特徴と実践活動(伊志嶺美津子)
  3.  アドラー心理学に基づく親教育プログラム(Passage)の特徴(阿部田恭子)
  4.  Nobody's PerfectとPassageプログラムの比較とそのつながり(渡辺聖香)

また、同日4月29日(金・祝)10:00〜12:00のポスターセッションでは、「日本における親教育(ペアレント・トレーニング)の理論と実践の流れ」(堂坂更夜香)を発表します。