KogoLab Research & Review

遊ぶように生きる。Vivi kiel Ludi.

自分のオンライン授業をそのまま見てもらってFD研修にする

2021年4月23日(金)

ハローフライデー! 向後です。

昨日は東京家政大学からの依頼で90分のFD研修をWebExで実施しました。WebExは初めて使いましたが、ほぼZoomと同じ使用感です。元々は同じ出どころなのですよね。

これで、昨年度から続いてきたオンラインによるオンライン授業についてのFD研修も一段落した感じです。何回このような話をしたでしょうか。確実に10回以上はしていると思います。だんだん一般論で話しをするのも飽きてきたので、最近では、直接私がやっているオンライン授業を、画面共有でみてもらうというようにしました。

ある種のオンライン授業参観という感じです。オンライン授業はこんなふうにいつでも見せることができるところがいいです。また、こうすることで能書きをしゃべるよりも説得力が出るような気がします。何よりも、「オンライン授業はこんなふうにやればいいんだ」ということを直接感じてもらうことができます。

聞いている人も、「あなたは一体どんなオンライン授業をしているのですか」ということを知りたいと思っているでしょう。私が聞き手だったらそう思います。

では、みなさんも良い週末を!

…………
向後千春メールマガジン(発行者:向後千春 kogo@waseda.jp)

・バックナンバーは:https://mail.os7.biz/b/h6aE
・質問・コメントは:https://forms.gle/bFpSJmgexGfVwFfg7
・深掘りはサークルで:https://note.com/kogolab/circle
・配信の解除は:https://mail.os7.biz/del/h6aE
・noteやってます:https://note.com/kogolab

フルオンデマンド授業にZoomミーティングを取り入れる

2021年4月21日(水)

こんにちは! 向後です。

先週の土曜日(4月17日)は、eスクールの授業「スタディスキル」のZoomミーティングを開きました。この科目は、eスクールの新入生(βコース)は必修科目、2年次編入生(αコース)は推奨科目となっています。そのため多くの学生が履修しています。

eスクール学生のほとんどは、仕事をしている人、アスリート、障害をもった人、海外居住者など、通学が難しい人たちですので、科目の多くはフルオンデマンド授業で実施されます。この間のコロナの副作用で、Zoom利用の敷居が一気に低くなりました。これをチャンスとして、フルオンデマンド授業の合間にZoomミーティングを開いています。

先週はスタディスキルの第1回目のZoomミーティングでした。月1回のペースでZoomミーティングを開いていく予定です。Zoomミーティングは任意参加で、その様子はレコーディングされて、参加しなかった学生にも共有されます。

スタディスキルは全体で180人以上の人が履修をしていて、30人前後のクラスに分けられています。そのうち37人がZoomミーティングに参加しました。全履修者の約2割です。この人数ですので、短い自己紹介をお願いしたら30分以上使ってしまいました。でもそれでいいのでしょう。カナダやルーマニアからつないで参加してくれた人もいて、その多様性を実感できました。

残りの時間は、ここまでの授業を受けての、質問や感想などを受けました。まだ2週分の授業を受けただけにもかかわらず、たくさんの質問が出てきましたので、このミーティングを開いた意味があることを実感しました。

Zoomミーティングは来月も開催する予定です。

では、みなさんも良い1日を!

…………
向後千春メールマガジン(発行者:向後千春 kogo@waseda.jp)

・バックナンバーは:https://mail.os7.biz/b/h6aE
・質問・コメントは:https://forms.gle/bFpSJmgexGfVwFfg7
・深掘りはサークルで:https://note.com/kogolab/circle
・配信の解除は:https://mail.os7.biz/del/h6aE
・noteやってます:https://note.com/kogolab

 

この間にオンライン授業でできる工夫をすべて試しておきたい

2021年4月20日(火)

こんにちは! 向後です。

コロナ感染拡大がおさまらず、大阪に続いて東京も緊急事態宣言が出される模様です。そうすると、早稲田大学判断の危機レベルも引き上げられるでしょう。現時点で、会議については危機レベル2に引き上げられて「原則オンライン」になっています。授業についても、現在の危機レベル1から2に引き上げられると、これも「原則オンライン」になります。

そう考えると、ここまでできるだけ対面ゼミをやっておいてよかった感があります。なかなか出口が見えませんけれども、この間に、オンライン授業でできる工夫をすべて試しておきたいと思っています。今のところ、下のようなことを試しています。

・オンデマンド授業を、TA、受講学生を入れてZoomで収録する。
・フルオンデマンド授業でも、月一回くらいはZoomミーティングをして、質疑応答や交流をする。
・ゼミでは任意の一人の課題提出を取り上げてコメントする。そのあと、ゼミ生同士でグループワークやペアワークをする。
・スライドは使わず、マインドマップ(アウトライン)を使って説明する。
・画面共有をしてデモンストレーションの時間をメインとする。

皆さんは、どのような工夫をしていますか。

では、みなさんも良い1日を!

…………
向後千春メールマガジン(発行者:向後千春 kogo@waseda.jp)

・バックナンバーは:https://mail.os7.biz/b/h6aE
・質問・コメントは:https://forms.gle/bFpSJmgexGfVwFfg7
・深掘りはサークルで:https://note.com/kogolab/circle
・配信の解除は:https://mail.os7.biz/del/h6aE
・noteやってます:https://note.com/kogolab