KogoLab Research & Review

遊ぶように生きる。Vivi kiel Ludi.

‘即レスの人’をやめると、何が起こるか

2022年5月16日(月)

先週の記事で、ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキーの『時間術大全:人生が本当に変わる「87の時間ワザ』(ダイヤモンド社, 2019)を紹介しました。要点は次のようです。

- 1日を充実させるためには、ハイライトのタスクをひとつ決めてそれに集中する
- ハイライトのタスクに集中することを妨げるものは、あれこれのノイズだ
- 集中を妨げる最大のものが、メールやSNSだ
- メールやSNSに触れる時間を制限することで生活が変わるだろう

そして、この一週間、私は即レスの人をやめてみました。具体的には、メールやSNSに触れるのは一日3回(午前、午後、夜)と制限したのです。それ以外の時間はメールもSNSも見ません。そうしたら何が起こったでしょうか。

まず、心の平穏が得られるようになりました。ちょっとした待ち時間、電車に乗っているとき、一人で食事をしているとき、こうした時間に今までは必ずメールをチェックし、SNSを巡回していました。それをやめるのは最初は強い意志が必要でした。しかし、ほどなくしてできるようになりました。FacebookやTwitterのアイコンを押す代わりに、Kindleを開いたり、GoodNotes5を開いたりするという代替行動を取ることで、うまくいきました。

SNSをチェックする代わりにKindleを開いて、本やマンガを読めばいいのです。そうすると、心が落ち着いてきます。SNSで心がザワザワするのとは正反対の効果が得られます。ぜひ、あなたもどうぞ!

もうひとつの効果は、メールやSNSの返事を丁寧に書くようになったことです。今まで私は「メール3行主義」を徹底していました。メールの返事は短ければ短いほど良いということで、できるだけ3行以内で書こうとしていました。一番短いのは「OKです」や「進めてください」というものです。そのため、一部の人からは「向後先生怒ってますか?」というようなことを聞かれたこともありました。いや、怒ってません。ただメールの返事が短いだけなのです。

でも、メールの時間をわざわざ1日3回作ることによって、もう少し丁寧に対応するようになりました。あくまでも自分の認識ではありますけれど、3行の返事が5行くらいに増えた感はあるのです。

副作用として、ニュースも見なくなりました。元々テレビをほとんど見ない私ですけど、12時とか19時にはニュースを見ることが多かったのです。これも見なくなりました。短期的なニュースで一喜一憂するのをやめると、長期的な視点で物事を考えられるようになります。これも変わった点です。

ということで、メールとSNSへの接触を制限する方法は試してみる価値があります。

“即レス” の人をやめる

2022年5月9日(月)

ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー『時間術大全:人生が本当に変わる「87の時間ワザ』(ダイヤモンド社, 2019)を読んでいます。Kindleで70%までのところです。すごくいい本なのでちょっと紹介します。

https://www.amazon.co.jp/dp/4478106118?tag=chiharunosite-22

仕事術・時間術(Getting Things Done, GTD)の本はこれまでにたくさん書かれています。代表的なものとして、デビッド・アレン『ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則』(二見書房, 2006)があります。私もこの本を読んで影響を受けました。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4576060732/chiharunosite-22/

ナップとゼラツキーの本は、ToDoリストでは細かすぎるし、かといって目標リストでは遠すぎる、という観察から、今日一日のハイライトを決めてそれに集中しようということを提案します。しかし、今日のハイライトのタスクに集中することを妨げるような、気を散らす情報に囲まれて生きているのが私たちです。著者たち自身が、GmailやYouTubeで働いていたということで、これは説得力があります。私たちはメールやSNSに日々膨大な時間を使っているのです。ハイライトタスクに集中できないのも当然です。

私自身 ”即レス” の人を自認していました。「私にメールを送れば、10分以内に返事が来るでしょう」と公言していたのです。その通り、私のiMacではメールが来れば、リアルタイムでお知らせが表示されます。SlackでもメッセンジャーでもLINEでも、すぐにお知らせが表示され、私はそれに即レスしていました。TwitterでもFacebookでも自分の投稿に何かコメントがつけば、即レスです。まさに「即レスの人」!

しかし、これではハイライトタスクに集中する時間(これをレーザーモードと呼ぶ)が作れません。何からもじゃまされない60〜90分のレーザーモードを作り出すことが必要なのです。

そのためにこの本では、メールの処理を1日の終わりにまとめてやるように提案します。それもできるだけ返事を遅らせよう、と。スマホからは、SNSのアプリを全部削除しよう、と。そうすればSNSを巡回することはなくなり、その時間を何か別のことに振り向けることができます。

これが、レーザーモードを作り出すための第一歩です。この本にはさらにたくさんの戦術が紹介されています。その中に読者の参考になるものが必ず含まれていると思います。

とりあえず、私は ”即レス” の人をやめることを決心しました。メールチェックとメッセージのチェックは1日3回とします。多分それでもまったく問題は起こらないでしょう。そのごほうびとして、心の平穏とレーザーモードの時間を作り出すことができるのです。

松本清張の小説作法〜映画「砂の器」

2022年5月6日(金)

先週の小倉遠征のとき、松本清張記念館を訪問してきました。

https://www.seicho-mm.jp

小倉城だけでは物足りない人は、さらに庭園とこの記念館の3ヶ所の共通入場券がお得です。文学館のような施設は日本各地にあります。金沢に行ったときは金沢文芸館(五木寛之文庫)がおもしろかったです。小説をほとんど読まない私ですけれども『青春の門』は読んだことがありました。

https://www.kanazawa-museum.jp/bungei/

松本清張の本は一冊も読んだことがありません。それでもこの記念館はおもしろかったです。特に、杉並区高井戸にあった自宅の外観を館内に再現していて、その書庫の様子が見えるようにしてあるところです。松本清張の蔵書で私が読んだことのあるものはないかと探してみましたけれど、一冊もありませんでした。

特に印象に残ったところは、松本清張の推敲の仕方でした。清張は自分の本の改訂をしばしば行っていたとのことで、改訂のために赤が入れられた原稿が展示されていました。それを見ると、驚くことに、冒頭から2、3段落分のでだし部分をばっさりと「トル」指示をしているのですね。文章の冒頭部分といえば、一番力を入れて書く部分ですよね。それを気に入らないといって「トル」で削除しているのです。すごいな。

帰りの新幹線の中で、清張の本を一冊でも読もうと思って、館内ショップで売られているたくさんの本を眺めていました。そして、選んだのが、松本清張『実感的人生論』(中公文庫, 2004)でした。ああ、やっぱり小説じゃないんだ。

https://www.amazon.co.jp//dp/4122044499?tag=chiharunosite-22

新幹線の中で半分、自宅に戻ってから残りを読みました。自分の出生や小さかった頃の話が何度となく書かれていて、清張マニアにはぞくぞくするようなおもしろさがあるのかもしれませんけれども、私には全体として退屈でした。

その中で、「私の小説作法」と題したエッセイはいいなと思いました。気に入ったので抜き書きしてみます。この「小説」を「研究」に置き換えて読むと、味わい深いのです。

私の小説作法

 筋。……小説は「何を書くべきか」が前提であるから、それが決まってから「いかに書くべきか」の作法の問題となる。近ごろ文壇の「不毛」がいわれるのは、作家が何を書くべきかが発見できず、あいまいな発想を「いかに書くべきか」に片寄せているためであろうか。

 取材。……たとえ筋は空想であっても、小説には現実がなければならないから、部分についてはできるだけその方面のことを取材する。

 視点。……いわゆる私小説系列のものは避けている。たとえ自分がそこにいても、ナマに近いかたちでは出さない。……自分の経験なり体験なりは、いくらでも他人を語る様式の中に持ち込めるし、そのほうが強く書けるように思われる。

 背景。……内外の名作といわれるものを読むと、作者がその背景を選ぶのに細心の注意を払っていることがよくわかる。小説の雰囲気をもり上げる何よりの要素であろう。

 文章。……小説を書きはじめたころは、どういう文体にしていいかわからないくて迷った。結局、平明で簡潔なものを志したが、これは中年で小説を書きはじめたためかもしれない。

 交換作業。……というと妙なことばだが、私の場合、一つのものを長くつづけてやれないという意味である。極端な例でいうと、現代小説と歴史小説とを交互に進行して書いたほうがどちらにも新鮮さを感じて、自分の体質には向くようである。だれにでもすすめられる作法ではない。

■

松本清張の小説を読んだことがなかったので、映画ならみられるかなと思って検索しました。課金しているNetflixで「砂の器」がみられることがわかったので、見始めました。

https://www.shochiku.co.jp/cinema/database/03988/

映画の最初はやっぱり退屈で、「ああ、だから自分は推理ものが好きじゃないんだ」ということを再確認しました。でも、映画の中の風景の美しさや懐かしさで見続けました。そうしたら、ハンセン病の話が出てくる後半から引き込まれていき、最後は感動で終わりました。もし松本清張記念館に行っていなければ、「砂の器」も見ることはなかったでしょう。よかったです。