KogoLab Research & Review

遊ぶように生きる。Vivi kiel Ludi.

映画「PLAN 75」を観てきました〜自分で定年を決める

2022年6月27日(月)

映画「PLAN 75」を観てきました。行きつけの劇場では上映していなかったので、上映館を検索して、新宿ピカデリーまで出かけました。土曜日の10時台の上映にしては、8割方席は埋まっていました。周りをみると高齢者が目立ちました。私もその中の一人なのです。

https://happinet-phantom.com/plan75/

そう、この映画は近未来に、75歳になったら自分で死ぬことを選べるという制度ができたらどうなるかということを、現在の延長として描いています。そういうことに少しでも興味があれば、ぜひ観にいってください。おすすめです。そして自然に考え込んでしまうでしょう。

***

退職願を書きました。早稲田大学は選択定年制度をとっていて、60歳からいつでも自分の定年を決めることができます。私の希望退職日は2025年3月31日で、まだ2年と9ヶ月先のことです。しかし、早めに退職願を提出することで、後任人事をスムーズにキックオフでき、良い人を採ることができますので、すぐに提出することにしました。これでスッキリです。

自分で仕事の終わりを決めるのは、私の場合よかったです。迷いがなくなります。最終日からの逆算でやるべきことが決まります。そして終了までの時間が充実するような気がします。もちろん不慮の事故とか病気とかで、そこに至らずに死んでしまう可能性もあるわけです。しかし、少なくとも自分がコントロールできることについては自分で決めることができます。この感覚が大切なのだろうと思います。アドラー心理学の「柔らかい決定論」ですね。

***

さて、じゃあ自分の死も自分で決めるのが良いのか。ということで「PLAN 75」のテーマに返ってくるわけです。私の結論は「自分の死は自分では決めることができない」ということです。その理由はここでは書きません。ぜひ映画を見て考えていただきたいと思います。

埼玉未来大学でアドラー心理学の講義をやってみて〜高齢者心理学

2022年6月24日(金)

先週で、埼玉未来大学から依頼されたアドラー心理学の講義(90分)が終了しました。参加者数は、川越会場では100人超、熊谷、川口、春日部では30-40人くらいでした。それぞれの会場で1回限りの講義でしたので、アドラー心理学のほんのさわりを話しただけです。それでも反応は十分にありました。

聞いてみると、アドラー心理学はそれほど知られていません。『嫌われる勇気』もアドラー心理学も、「知っている」という人は全体の1割以下でした。これはちょっと意外でした。これまでに一般的な講演をしたときは、半分以上の人が知っていると答えるのが普通でしたので。まあ、知っているから講演を聞きにきたということもありますけど。

今回は、埼玉未来大学の枠の中ではアドラー心理学の認知度がそれくらいのものであることがわかりました。ということは、一般的な60〜80代の人たちのアドラーの認知度はそれくらいなのでしょう。

とすれば、このような機会では、心理学全般を講じたほうがいいのかもしれないと思いました。あるいは、「人生の最終コーナーの心理学」のように特化したものでもいいかもしれません。そう思って検索してみると、「老年心理学」や「高齢者心理学」という本はけっこうたくさん出ていますね。ちょっと読んでみようかなと思います。

3年ぶりに軽井沢セミナーハウスでゼミ合宿

2022年6月20日(月)

通学生ゼミ生のゼミ合宿を軽井沢セミナーハウスで1泊2日で行いました。最後に開催したのは2019年8月ですので、3年ぶりの軽井沢です。前回はこんな感じでした。

https://note.com/kogolab/n/n1c4d54009c73

コロナは下火になっているものの、大学全体としてはゼミ合宿を躊躇しているケースが多いと思います。実際、今回は土日にもかかわらず、軽井沢セミナーハウスで唯一のゲストでした。食堂は以前はバイキング形式でしたけど、今は盛り付けたものが個別に用意されていました。食堂の人に聞いてみると「40人以上来てくれないと採算が合わないんだけど」と言っていました。これから夏休みにかけて、軽井沢で合宿をするという学生も増えてくるでしょう。

梅雨入りしたところですけれども、天気に恵まれました。

テニスをしたり、

卓球をしたりしました。

もちろんゼミも。

この、メンバーみんなで一緒に過ごす時間が大切なんだよなあ、と改めて感じました。

4年生ゼミ生の記念写真。Z世代の写真ポーズは理解不能です。

3年生の記念写真。

とにかく、よかったです。