KogoLab Research & Review

遊ぶように生きる。Vivi kiel Ludi.

【ブログ】「手書きの拡張」としてのiPad mini + GoodNotes5

2022年8月5日(金)

7月が終わり、サバティカルの3分の1が過ぎました。この4ヶ月間で何ごとかがなしとげられたとは思えません。しかし、私のまわりではポジティブなできごとがちょいちょい起こっています。ということは、これでいいのかなという感じを持っています。自分自身で何かをなしとげることがなくても、まわりで何かが起こる触媒になれればそれでいいのかなと。

***

さて、私が紙のノートやスケジュール帳からiPadに完全移行して1年がたちます。iPadもiPad AirからiPad miniに乗り換えました。iPad miniのいいところは肩掛けポーチに収まることです。これで手帳と同等の持ち運びになりました。

今では、GoodNotes5で作った1日1ページの日誌にすべての手書きメモを書き込みます。内容によって分類する必要はありません。すべて日付順に書いていけばいいのです。内容を確認したいときは、メモ帳と同じで、ページを繰っていけばいいのです。この使い勝手の良さが完全にiPad miniに移行できた要因です。

紙の月間スケジュール帳は最後まで移行できませんでした。種々のカレンダアプリはすぐに開けませんし、ぼんやりこの辺でやりたいなと思っているような予定は書き込みにくいので使っていません。これもGoodNotes5にカレンダーPDFを入れることで解決しました。紙のスケジュール帳をiPad mini上で完全に再現できます。

カレンダーを作ってくれるサイトはたくさんあります。たとえば次のようなサイトでは、月間カレンダーを自分の好みに合わせて生成してくれます。

https://www.pasokoncalendar.com

iPad miniを自分のノートとして使うのは、「手書きのデジタル化」なのでしょうか。私はそう呼ぶよりも「手書きの拡張化」と呼びたいです。それは次のような理由です。

### とりあえず書き出す。書きながら考える。

何か考えようとしたときに、とりあえず書き始めることができる。iPad miniでGoodNotes5を起動しておけば、メモ帳とペンを用意する時間と同等の素早さで書き始めることができる。このとき、考えることというのはつまり書くことなのだと実感できます。私たちは、書くことで考えることを実質化できるのです。

### 書いたことをブロックとして移動したり、コピーできる。

メモとして書いたことはたいていの場合、断片に過ぎません。それでいいのです。しばらくたってそれを見返したときに、「あ、これはあのことと関係がある」と気がつくことがあります。そのときは、その断片をペンで囲んでコピーします。そして関係のある別の断片の近くに貼り付けます。そんなふうにして「断片のつながり」ができていきます。これによって文脈が生まれます。そして、ある程度まとまりのある文章のシナリオとなるのです。

### すべてが手元にあり、必要なら検索できる。

自分が書き残したすべてがこのiPad miniにあるというのは安心感をもたらします。もちろんそのデータはクラウドにも保存されていますので、万一iPad miniが壊れてもデータは安全です。また、手書き文字認識によってキーワードを入れて検索することもできます。もちろんくずし字で書くと認識が厳しいですけれども、ある程度は使い物になります。

### 書いた内容はiPhoneでも、Macでも見ることができる。

データがクラウドにあるおかげで、iPad miniに書いたスケジュールをiPhoneで確認することができます。出先でこれができるのは本当に便利です。同様のことはiMacでもMacBookでもできます。大きな画面で、書いた内容を読みたいときはこうします。

***

という感じで、1年たった今、iPad + GoodNotes5は私の生活にすっかり定着しました。そして考えること、記録することを支える基盤となっています。

【ブログ】たくさんしゃべることで解放される

2022年8月1日(月)

先週末は、eスクールゼミの教育コーチのお疲れ様旅行で箱根で1泊してきました。eスクールのゼミでは4人のゼミ生に対して1人の教育コーチがつきます。現在、4人のコーチでゼミ生を指導しています。

春学期が終わったので、そのお疲れ様会として箱根一泊ということになりました。私は新宿から小田急ロマンスカーで到着。暑い日でしたけど、山の上はそれなりに涼しくてよかったです。箱根は見どころが多くて楽しいです。美術館はポーラ美術館のみに行きましたけど、他にもたくさんあります。

登山鉄道はそれだけでワクワクします

箱根駒ヶ岳山頂はこんな感じでした

 

膝痛(テニスのしすぎ)を癒すためパワーをいただく

ポーラ美術館は写真撮影可能な絵がたくさんありました

1泊2日のグループ旅行の間はしゃべり通しで、たくさんしゃべることで解放されるものがあるのかなあ、などと思いました。1日でも、旅行に出かけると時間がスクランブルされて、体がリセットされる感じがします。

【ブログ】2年半ぶりに対面(+Zoom)での研究発表会を開きました

2022年7月25日(月)

先週は、早稲田キャンパス3号館の教室で、eスクール生と大学院生の研究発表会を開きました。対面での発表会は、2020年1月が最後でしたので、2年半ぶりの開催でした。開いてみて、「ああ、これこれ、この感じ!」というのがよみがえってきました。同じ会場の空気を共有する独特の感じを思い出しました。

今回は、会場に来られない人のことを考えて、Zoom同時配信のハイフレックス方式を取りました。これもよかったです。Zoomによる外からの参加者は、平均で8人くらいでした。研究は多くの人に聞いてもらうことで、良くなります。参加していただいた方には感謝申し上げます。

Zoomにはゼミの卒業生も参加してくれました。会の最後には皆さんから一言ずつあいさつをもらいました。研究発表会がある種の同窓会のようなものとしても機能しているようです。

次は2023年1月に発表会を開きます。対面開催のZoom同時配信によるハイフレックス方式がスタンダードになりそうです。